鉄筋コンクリート造と鉄骨造建物の防水性能の違い
 防水材の選び方

HOME | 

鉄骨ALC(旭化成ヘーベル)建物には屋根以外にも雨漏りの入り口がある

鉄骨ALC(旭化成ヘーベル)建物には屋根以外にも雨漏りの入り口がある

建物の外部メンテナンスをする時にとても重要なことが、
建物の防水性能を考えることだということは
すでにご存じかと思います。

屋根や外壁や窓の周りが一番、
建物の防水性能に関係があるのですが、
実は建物にはそれ以外にも
注意をしなければならない箇所がいくつかあります。
建物には様々な穴が開けられています。

そしてその処理方法によっては、
思わぬ漏水を招いてしまうことがあるのです。
建物は構造体、意匠、設備から出来ていますが、
建築をする際には意外にも、
設備の部分を簡単に考えてしまう傾向があります。

設備機器の性能や使い勝手などは、
建築の技術と同様にかなり進化しておりますが、
その取り込みルートや、排気口などの納まりや
機能についてはさほど進化しておらず、
新築時の施工の状態や、
リフォームの時に特に気にしないで工事をしてしまうと、
簡単な処理で済ませてしまう場合や
まったく気づかずにノーメンテナンスとなってしまう場合には、
建物に貫通している穴をそのままにしているのと
同じ事になるので注意が必要です。

換気扇や排気ダクト


意外にも忘れがちなのが換気扇や排気ダクトの排気口です。
一般的には排気口にアルミ又は
鉄製のフードやベンドキャップなるものが付けられて、
雨がその開口部より内部に入らないような構造になっていますが、
実はその廻りの防水処理としては
シーリングと言われる物で処理をしています。

このシーリングの耐久性が5年前後と短く、
その劣化の状況によっては、
雨水が侵入してしまうので要注意です。

処理方法としては、今の時代に合った、
15年くらいは長持ちをする耐久性の強いシーリングに打ち替えるか、
フード自体をかぶりの深い水切れの良い物に
交換することも対策になります。

給排水配管

給排水管は近年、
意匠的なことを考えて建物内部を通す建物が増えてきましたが、
一般的な木造住宅などは、
外部に露出で配管をしているケースがほとんどです。

配管は建物の壁の内部と外部を貫通していますので、
その部分の防水処理が甘ければ、
ダクトの排気口と同様に建物に雨水が侵入することになります。

それともう一つ重要なことは、
本来外壁に出されている配管は1階へのルートとなりますが、
横引きをしてから下部へ配管がされている場合などは
横引き配管で受けた雨が貫通部に流れることがあり、
その穴の防水処理が悪ければ内部に漏水する可能性があります。

電気配線


配線関係は、しっかりとした配線用の配管の中を
配線されている場合と、
ダイレクトに配線が穴を開けた壁を貫通している場合との
2通りあります。

また、近年は電気配線以外の有線も多々ありますね。
たとえば電話線や地デジアンテナやケーブルテレビなど、
新築時とは異なる時期に引込をする工事が実は要注意なんです。

これらの配線は給排水管とは違い地中からではなく、
上空から建物内にルートを取りますので、
穴への引込をダイレクトにしてしまうと
配線から雨水が建物内に電線を伝わって入ってしまいます。
本来は下から配線を通すことが大切です。

また電線専用の配管がされている場合でも、
穴の周りの処理が悪いと配管内部に雨水が入って、
外壁側からかなり離れた室内に雨水が出てきたこともあります。

良くあるケースでは、屋上やバルコニーなどにある
外部用の防水コンセントからの漏水を何度も発見しています。
防水コンセントのゴムパッキンが劣化し、
配線は下から上にルートを取っていますので、
当然室内に水が入ることになります。

雨どいの固定金具


木造住宅の雨どいの固定金具は
内部の木下地(柱)にまで直接撃ち込まれていますので、
そこから雨が長期にわたり浸み込むと内部の木が腐ってしまいます。

とくにサイディング外壁の場合などは
コーナー部のジョイント部分に付けられている場合がほとんどで、
ジョイントのシーリングが劣化をすると、
内部の防水シートを貫通し内部の木柱まで水が浸み込んでしまいます。

本来であればジョイント部は雨に弱いので、
継ぎ目ではない所に固定することや、
固定金具も多少でも外部側に傾きをとって固定をすれば、
外側に水が切れるので漏水の危険性が少なくなりますが、
誰もそのような事を教えてもくれないし
そのように施工している建物はとても少ないです。

上記は建物に開けられている一般的な部分ですが、
それ以外にも穴が開けられているケースも多々ありますので、
しっかりとしたメンテナンスをしなければ
雨漏りをする原因となります。

建物の外部メンテナンスをする
建築の技術のあるリフォーム工事会社に
依頼することが大切です。

スマイルユウの無料セミナー・相談会
防水工事セミナー防水工事相談会

最新現場レポート
 

大塚 義久 こんにちは、スマイルユウの大塚です。
屋根、屋上防水をお考えの方にお伝えしたいことがあります。
防水工事を検討していくと、いろいろな不明点や疑問に思うことが出てくると思います。
しかし、どのHPサイトを見ても、「こんなに立派な工事をしています」「施工実績がたくさんあります」「是非、お問い合わせください」など自画自賛の内容ばかりではないでしょうか。
あたりまえかもしれませんが、私はそれ以外にも防水工事をお考えの方に知ってほしいことを、このHPコラムを通じてお伝えしたいと思います。
とても大切なお話ですので、防水工事で失敗しないためにも知っていただきたい情報が満載です。
建築の専門家「一級建築士・大塚」が建物を作る立場からの目線で解りやすい内容となっていますので、すべてをお読みください。そして分かりにくい所があれば、私宛に直接メールでも電話でもご質問ください。
防水工事に関するご不安や疑問の解決になれば、幸いです。

防水工事を価格だけで決めないでください。

改修工事での防水施工は、新築時と防水の施工状況が大幅に違います。
防水の種類を見ても、アスファルト防水、ウレタン防水、シート防水、FRP防水などがあり、その種類ごとの中にもいろいろな工法にと種類が分かれております。
その中から建物の状態を判断し適正な工法を選択する必要があります。
当然価格予算を考えながらにはなりますが、最終的には長期の防水工事への信頼性と安心感が得られない
工法はいくら安く工事ができるからといっても先々のことを考えるとお勧めすることができません。

スマイルユウが基準をする防水工事とは

適正なコストダウンをした価格

従来のゼネコン請負体制のような、下請け・孫請け体制ではなく、自社直施工により中間コストを削除、同様に信頼できる品質もダイレクト管理しております。

建物まるごと丁寧な防水診断

防水診断は、防水部分のみを見て判断することはできません。
防水下地や建物構造体から影響をうける場合もあります。
そのため、診断には
一級建築士(大規模建築の設計と管理ができる資格)、
一級施工管理技士(大規模建築の施工と管理ができる資格) を持った技術者が現地の状態を直接見て診断します。

状態、材質にあったご提案

現在の防水仕様と状態を適正に判断し、建物にあった施工方法を検討します。
お手元に新築時の設計図書があればその資料も拝見し、改修工事後も適正なメンテナンスをすることができ、長期的に安心できる防水工事をご提案します。

こだわり職人による施工

適正な価格、診断、施工方法が確立していても、最後は職人さんの技術に施工品質は影響されます。
スマイルユウでは熟練した防水施工班があります。施工技術は官庁工事の経験を持つ職人グループです。

スマイルユウが基準をする防水工事とは
  • 鉄筋コンクリート造と鉄筋造建物の防水性能の違い
  • 防水剤の選び方
  • 改修用ドレンのネタばらし
  • 防水工事のすべてのカラクリ
屋上防水リフォーム

お電話でのお問合せ

受付時間:AM9:00〜PM19:00 0120-948-213

お見積り依頼はこちら

リフォーム工事をお考えのみなさまへ
「絶対失敗しない防水リフォームの見積依頼」
防水リフォームをする前に知るべき適正価格はこれです。

何故、多くに人は防水リフォームに
失敗してしまうのでしょうか?
もう防水リフォームで絶対に失敗してほしくないのです!

代表取締役 大塚義久

見積依頼はこちら
一級建築士にご相談したい方
絶対失敗しない防水リフォーム適正価格の見積依頼です
誰でも安心して防水リフォームをすることが出来る

一級建築士 大塚義久が
長年の防水リフォームの経験から
絶対に失敗しない安心できる防水リフォームを
ご提案させて頂きます。

防水リフォームを考えている方にとっては
確実に安心して防水リフォームをすることが
出来るでしょう。

業界30年の一級建築士が提案する
絶対失敗しない防水リフォームで
防水リフォームに関する不安を解消して下さい。

お電話でのお問合せ

受付時間:AM9:00〜PM19:00 0120-948-213

お問い合わせの流れ

お電話またはお問い合わせページからお問い合わせ

問合せ方法は、お電話・メールどちらでも結構です。
電話の場合は「ホームページを見たよ」と言って頂ければOKです。
当日中に担当者よりお電話させて頂きます。

メールお問い合わせ

ご自宅を見せて頂く日程の調整

どのような箇所が気になっているか。
今回の防水リフォーム工事の経緯、理由など詳細にお聞きし、
実際にご自宅を見せて頂く現場調査の日程を決めさせて頂きます。

現地調査

直接気になっている箇所などを現地で見ながらお話しを伺いたいので
必ずお客様立ち会いで、ご自宅を見せて頂きます。
正確に建物の大きさや仕上げ材なども確認できますので建物図面があればご準備をお願いします。
その他に気になる箇所を全て点検させて頂きます。

工事点検個所
  • ひび割れ
  • 雨漏り
  • 屋根
  • シーリング
  • 防水
その他に調査すること
  • 建物の大きさ
  • 障害物
  • 近隣状況
  • 道路状況

なども一緒に確認させて頂きます。

お見積書と調査書の提出

詳細な見積書と調査書の内容をわかりやすくご説明します。
とくに使用する材料の特性・性能や価格に近いものを納得頂くまで
詳しくご説明します。

お申込み・ご契約

工事内容、価格、施工体制、使用材料、工事日程など
全てにご納得されましたら「ご契約」となります。
後日、工事担当者を交えての詳細の工事打合せを行います。

無料見積り・お問合せはこちら

メールでの無料見積・お問合せ


防水改修で絶対やってはいけない

メルマガ登録はこちら「絶対失敗しないリフォーム」メール講座

改修用ドレンのネタばらし

ビル・マンションのオーナー様へ 防水工事の問題点とポイント

無料見積り・お問合せはこちら

メールでの無料見積・お問合せ

屋根からなぜ雨漏りは発生するの?

陸屋根の防水工事のネタばらし

屋上のメンテナンスは必要?

防水工事すべてのカラクリ

屋上防水はお手入れが大切?

建物の寿命を延ばす防水工事とは

鉄筋コンクリート造と鉄骨造建物の防水性の違い

防水材の選び方

価格について

防水工事は誰に相談すれば良いのか?

初めてのお客様へ

グラウト注入を知っていますか?

問題解決を明確にしてから防水リフォームを

防水工事をこれからお考えのお客様にとても重要なお話です

工事会社選びが「成功」「失敗」の分かれ道

建物には屋根防水以外にも雨水の入り口がある

  • 初めての方へ
  • 価格について
  • お客様の声
  • 施工事例
  • 会社概要
  • 防水工事の基礎知識
  • 屋上のメンテナンスは必要?
  • 防水材の選び方
  • 建物の寿命を延ばす防水工事とは
  • 屋根からの雨漏りはなぜ発生するのか?
  • 防水工事でスマイルユウが選ばれている理由
  • ビル・マンションのオーナー様へ 防水工事の問題点とポイント
  • 「一級建築士」大塚が教えます、防水工事の全てが分かるページ
  • 屋上防水はお手入れが大切
  • 防水工事は誰に相談すれば良いのか?
  • 改修用ドレンとは?
  • 鉄筋コンクリート造と鉄骨造建物の防水性能の違い

リフォーム失敗相談所

求む!採用情報

東京都豊島区周辺で不動産をお探しならスマイルユウ不動産

屋根の塗り替え・外壁塗装をお考えならスマイルユウ


このページのTOPへ